ニキビを気にする女性とトリキュラー

トリキュラーは日本人のカラダにあった低用量ピルです。カラダへの負担が少ないことから人気となっています。また生理前になるとホルモンバランスが崩れてしまい、ニキビなどが出来てしまいますが、女性ホルモンバランスを安定させることも出来ます。

トリキュラーで月経眞症候群の軽蔑の視線から解放

頭痛や腹痛、吐き気やイライラなど月経前症候群と呼ばれる症状で悩んだことのある女性は多いのではないでしょうか。10代ならホルモンバランスがまだ整っていないために起こりやすく、また仕事を始めると仕事や対人関係でホルモンバランスが崩れ、酷い月経前症候群で悩む人もいるかもしれません。しかしこの症状は人によって軽かったり重かったりと様々なので、周囲の人に理解されにくく、本人が辛くて休んでいても、怠けていると軽蔑されてしまう場合もあります。この様なケースから解放されるために、トリキュラーを使用するという方法があります。
トリキュラーは低用量ピルの1つで、正しく使用することで高い避妊効果を発揮することが出来ます。しかしこの避妊効果が先行してしまい、月経前症候群の改善や子宮の回復といった女性には嬉しい効果を知らない人もいます。トリキュラーは低用量ピルの中でも3相性と呼ばれる種類です。薬の配合が3段階に分かれており、女性本来のホルモンバランスの変化に近付けた配合になっています。そのため比較的副作用が少ないとされており、また子宮内膜が安定しやすいので、不正出血も起こりにくいとされています。
生理周期に置いて、黄体ホルモンや卵胞ホルモンが分泌したり急激に減少することで月経前症候群の様な症状を起こすのですが、安定的に黄体ホルモンを摂取することでホルモンの変化に左右されにくくなり月経前症候群の改善に期待することが出来ます。月経前の辛い症状から解放されることが出来れば、怠けていると勘違いする人も少なくなるかもしれません。しかしホルモンはストレスや生活習慣からでも変化します。生理周期によるホルモンの変化には良いかもしれませんが、ストレス等が原因で起こるホルモンの変化はトリキュラーに頼るのではなく、ストレス発散したりバランスの良い食生活をするなどで改善する努力も必要なのです。